疑惑のアギーレ再来日 協会トップは聴取丸投げで“責任転嫁”

公開日:  更新日:

 協会内部では早くも、「自己保身」が始まっているかのようだ。

 八百長疑惑の渦中にいるサッカー日本代表のアギーレ監督(56)が、4日午前に再来日。詰めかけた50人を超える報道陣への対応はなく、無言のまま迎えの車に乗り込んだ。

 協会は本人と会談して事情を聴くことになっているのだが、そのサッカー協会トップの大仁邦弥会長(70)は昨3日、自ら事情聴取に乗り出す可能性を否定し、アギーレ招聘に携わった霜田技術委員長と原専務理事に対応を一任する意向を示したのだ。

 取材に応じた大仁会長は「本人が大丈夫、問題はないと言っている。信じるしかない」と報道陣に話した上で、原理事らに「調査するようには言いました」と明言。代表監督の前代未聞の騒動に終始、困惑した表情を浮かべていたが、会長自ら事情を聴くのかと問われるや、この時ばかりは「それはない」ときっぱり否定した。

 アギーレ監督がスペイン当局から正式に告訴された場合、日本代表監督の解任が現実味を増す。そうなれば当然、同時に任命責任も問われる。招聘の実動部隊に責任をおっかぶせるだけで逃げおおせるわけがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る