八百長疑惑アギーレ 協会から「早く見切りつけるべき」の声

公開日:  更新日:

 28日付のスペイン・マルカ紙が、「八百長疑惑がかけられている日本代表のハビエル・アギーレ監督(55)が来週にも起訴される」と報道。スペイン検察庁の反汚職局が、12月1日にもバレンシア裁判所に告訴する方針を固めたという。

 問題となっているのは11年5月のスペインリーグのレバンテ戦。負ければ2部降格の危機だったこの試合で、アギーレ率いるサラゴサが勝利したものの、これに八百長の疑惑が持ちあがった。今年9月に現地の反組織犯罪対策検事局が「疑惑がある」と発表していた。

 スポーツライターの平野史氏がこう言った。

「今回のサラゴサ八百長疑惑が9月に表沙汰になると、日本サッカー協会内部から『疑わしきは“罰する”でスパッと見切りをつけるべきでは』という声が私自身の耳にも入ってきた。まったくもって正しい判断です。起訴後、実際に有罪になるにしても半年、1年と時間がかかる。それまでアギーレ監督にチームづくりを任せ、たとえば1年後に有罪となって資格停止処分になりました、慌てて日本代表監督を解任しました──では時間の無駄となってしまう。幸か不幸か、アギーレ監督は新戦力を積極的に登用したり、ブラジルW杯組を呼び戻してみたり、試行錯誤状態にある。起訴された段階で早々にお引き取りを願い、当面は日本人指導者でチームづくりを進め、日本サッカーにとってベストの外国人指導者をじっくり吟味しながら探すべきです」

 アギーレはそもそも能力が疑問視されている。むしろ、これがいい機会かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る