八百長疑惑アギーレ 協会から「早く見切りつけるべき」の声

公開日:  更新日:

 28日付のスペイン・マルカ紙が、「八百長疑惑がかけられている日本代表のハビエル・アギーレ監督(55)が来週にも起訴される」と報道。スペイン検察庁の反汚職局が、12月1日にもバレンシア裁判所に告訴する方針を固めたという。

 問題となっているのは11年5月のスペインリーグのレバンテ戦。負ければ2部降格の危機だったこの試合で、アギーレ率いるサラゴサが勝利したものの、これに八百長の疑惑が持ちあがった。今年9月に現地の反組織犯罪対策検事局が「疑惑がある」と発表していた。

 スポーツライターの平野史氏がこう言った。

「今回のサラゴサ八百長疑惑が9月に表沙汰になると、日本サッカー協会内部から『疑わしきは“罰する”でスパッと見切りをつけるべきでは』という声が私自身の耳にも入ってきた。まったくもって正しい判断です。起訴後、実際に有罪になるにしても半年、1年と時間がかかる。それまでアギーレ監督にチームづくりを任せ、たとえば1年後に有罪となって資格停止処分になりました、慌てて日本代表監督を解任しました──では時間の無駄となってしまう。幸か不幸か、アギーレ監督は新戦力を積極的に登用したり、ブラジルW杯組を呼び戻してみたり、試行錯誤状態にある。起訴された段階で早々にお引き取りを願い、当面は日本人指導者でチームづくりを進め、日本サッカーにとってベストの外国人指導者をじっくり吟味しながら探すべきです」

 アギーレはそもそも能力が疑問視されている。むしろ、これがいい機会かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る