評価ガタ落ち アギーレを代表監督に選んだ協会幹部の責任

公開日:  更新日:

 代表監督に就任後、1勝1分け2敗(得点3、失点8)と低空飛行中のアギーレ・ジャパン。14日のホンジュラス戦(豊田市)、18日のオーストラリア戦(大阪市)を控えて「アギーレ監督 選手選考、戦術に疑問 事情聴取も」と複数のスポーツ紙が、7日付1面でデカデカと報じた。

 確かにアギーレ、ここまでの4試合で評価をガタ落ちさせた。

 初陣ウルグアイ戦でJリーグ4試合出場の鳥栖DF坂井、7試合出場の広島FW皆川をサプライズ招集。ミスを連発して「選手を見る目」のなさを露呈した。

 就任会見で「守備を重視」と言いながら具体策はなく、スタッフや選手から「何の指示もない」の声が出る。

 やはり就任会見で「育てながら勝つのが監督の仕事」と豪語。ところが5日の代表メンバー発表で9月、10月の代表戦で呼ばず、完全に“一丁上がり!”と思われた34歳のMF遠藤、31歳のMF今野のベテラン2人を招集して周囲を驚かせ、すると「サッカーで重要なのは質であって年齢ではない」と開き直ってヒンシュクを買う始末だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る