アギーレ八百長疑惑を協会静観 代表は深刻「イメージダウン」

公開日:  更新日:

 スポーツライターの平野史氏によれば、さすがに協会内にも「シロでもクロでもスパッと見切りをつけるべき」という声が出始めているという。

 スペイン1部リーグの八百長問題に関与したと疑われるサッカー日本代表のハビエル・アギーレ監督(56)。28日付の地元紙マルカが、「スペイン検察庁反汚職課が調査報告書をバレンシア裁判所に提出し、12月1日にもアギーレらが起訴される可能性がある」と報じ、事態が大きく動き始めた。起訴状が受理されれば裁判所からの召喚に応じる義務が発生。有罪となれば、最大で4年の懲役が科される、とも報じられたのだ。

「問題となっているのは11年5月21日のスペイン1部リーグのサラゴサ対レバンテ戦です。アギーレが率いたサラゴサは、敗れれば2部降格が決まるこの試合で2-1で勝利。すでに残留を決めていたレバンテは主力を温存するなどし、当時から疑惑の目を向けられていた。今年9月にスペイン反組織犯罪対策検事局が『八百長の疑惑がある』と発表して今回の騒動に至ったわけですが、アギーレにはそれ以前から、特に金銭面でダーティーなウワサがつきまとっていました」(在欧サッカージャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  5. 5

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る