アギーレ八百長疑惑を協会静観 代表は深刻「イメージダウン」

公開日:  更新日:

 スポーツライターの平野史氏によれば、さすがに協会内にも「シロでもクロでもスパッと見切りをつけるべき」という声が出始めているという。

 スペイン1部リーグの八百長問題に関与したと疑われるサッカー日本代表のハビエル・アギーレ監督(56)。28日付の地元紙マルカが、「スペイン検察庁反汚職課が調査報告書をバレンシア裁判所に提出し、12月1日にもアギーレらが起訴される可能性がある」と報じ、事態が大きく動き始めた。起訴状が受理されれば裁判所からの召喚に応じる義務が発生。有罪となれば、最大で4年の懲役が科される、とも報じられたのだ。

「問題となっているのは11年5月21日のスペイン1部リーグのサラゴサ対レバンテ戦です。アギーレが率いたサラゴサは、敗れれば2部降格が決まるこの試合で2-1で勝利。すでに残留を決めていたレバンテは主力を温存するなどし、当時から疑惑の目を向けられていた。今年9月にスペイン反組織犯罪対策検事局が『八百長の疑惑がある』と発表して今回の騒動に至ったわけですが、アギーレにはそれ以前から、特に金銭面でダーティーなウワサがつきまとっていました」(在欧サッカージャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る