9000万円減更改の巨人・阿部が来季抱える「2つの恐怖」

公開日: 更新日:

「ダウンです。15%くらいかな。金額はみなさん(報道陣)で計算してください」

 巨人の阿部慎之助(35)が昨4日、契約更改交渉を行い、9000万円ダウンの5億1000万円でサインした。

 今季は打率.248、19本塁打、57打点。プロ14年目で03年以来となる2度目の減俸となった。表情を変えず、「仕方ない。ダメだったら下がる。良かったら上がる。いつも言っているけど」と話したものの、現時点で同僚の杉内の5億円を上回り、日本球界最高年俸の座は死守。バランスなどを考慮した球団側の“温情”とも取れるが、来年以降はどうなるか分からない。

■来季は「打撃」だけが査定材料

 近年の巨人は、長年チームを支えてきた主力だろうが、成績によっては減額制限を大きく超えるダウンを提示する“ドライ査定”が基本。2年前、小笠原(現中日)には3億6000万円減という球界史上最大のダウン提示をのませた。その前年は高橋由にも1億8000万円ダウンでサインさせている。ある球界関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る