9000万円減更改の巨人・阿部が来季抱える「2つの恐怖」

公開日:  更新日:

「ダウンです。15%くらいかな。金額はみなさん(報道陣)で計算してください」

 巨人の阿部慎之助(35)が昨4日、契約更改交渉を行い、9000万円ダウンの5億1000万円でサインした。

 今季は打率.248、19本塁打、57打点。プロ14年目で03年以来となる2度目の減俸となった。表情を変えず、「仕方ない。ダメだったら下がる。良かったら上がる。いつも言っているけど」と話したものの、現時点で同僚の杉内の5億円を上回り、日本球界最高年俸の座は死守。バランスなどを考慮した球団側の“温情”とも取れるが、来年以降はどうなるか分からない。

■来季は「打撃」だけが査定材料

 近年の巨人は、長年チームを支えてきた主力だろうが、成績によっては減額制限を大きく超えるダウンを提示する“ドライ査定”が基本。2年前、小笠原(現中日)には3億6000万円減という球界史上最大のダウン提示をのませた。その前年は高橋由にも1億8000万円ダウンでサインさせている。ある球界関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る