日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ニューイヤー駅伝」注目のカロキに東京五輪メダル有望の声

「2区で区間賞を取りたい」――DeNAのケニア人ランナー、ビダン・カロキ(24)が上州路での快走を力強く宣言した。

 24日は東京・渋谷のDeNA本社で元日の「ニューイヤー駅伝」の壮行会が行われ、プロ野球DeNAの中畑清監督、同社社員から激励を受けた。

 瀬古利彦総監督は「やるからには優勝を目指してやってきた。頂点を狙える可能性はあります」と大風呂敷を広げたものの、上位争いは極めて厳しい。

 12年を最後に廃部した名門ヱスビー食品陸上部を引き継ぎ、創部からわずか2年。実業団の強豪チームと比べて選手層は薄く、初出場した前回は37チーム中17位に終わった。

 今回も惨敗必至なDeNAの最大の見どころは、カロキのゴボウ抜きだ。前回も2区を任され、26人抜きの大会新記録を樹立しているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事