「ニューイヤー駅伝」注目のカロキに東京五輪メダル有望の声

公開日: 更新日:

「2区で区間賞を取りたい」――DeNAのケニア人ランナー、ビダン・カロキ(24)が上州路での快走を力強く宣言した。

 24日は東京・渋谷のDeNA本社で元日の「ニューイヤー駅伝」の壮行会が行われ、プロ野球DeNAの中畑清監督、同社社員から激励を受けた。

 瀬古利彦総監督は「やるからには優勝を目指してやってきた。頂点を狙える可能性はあります」と大風呂敷を広げたものの、上位争いは極めて厳しい。

 12年を最後に廃部した名門ヱスビー食品陸上部を引き継ぎ、創部からわずか2年。実業団の強豪チームと比べて選手層は薄く、初出場した前回は37チーム中17位に終わった。

 今回も惨敗必至なDeNAの最大の見どころは、カロキのゴボウ抜きだ。前回も2区を任され、26人抜きの大会新記録を樹立しているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る