• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東洋圧勝の裏でレベル低下顕著 箱根駅伝に必要な“リストラ”

投稿日:  更新日:

 第90回の記念大会は、お寒いレースとなった。

 3日は神奈川県箱根町の芦ノ湖駐車場入り口から東京・大手町までの復路(5区間、109.9キロ)が行われ、往路を制した東洋大が復路も圧勝。10区間合計10時間52分51秒で2年ぶりの総合優勝を果たした。箱根駅伝の常連校が強さを見せ付けたものの、その裏ではレベルの低さが目立ったのも事実だ。

 往路の3区では国士舘大が97年の法政大、拓殖大以来、17年ぶりの繰り上げスタート。13チームが復路の繰り上げ一斉スタートを強いられるなど、2日間合わせて“たすきがつながらなかった”のは計24度。過去10年間では85回大会の21度を抜いてワースト記録だ。

 今大会は節目の90回を記念して学連選抜を廃止し、出場校を従来より3校増やして23校で実施。1万メートル上位10人の平均タイムが全チームとも28分以内でレベルの高いレースが期待されながら、ふたを開けてみれば、この体たらく。記念大会で出場校を水増ししたのが裏目に出る皮肉な結果となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る