東洋圧勝の裏でレベル低下顕著 箱根駅伝に必要な“リストラ”

公開日:  更新日:

 第90回の記念大会は、お寒いレースとなった。

 3日は神奈川県箱根町の芦ノ湖駐車場入り口から東京・大手町までの復路(5区間、109.9キロ)が行われ、往路を制した東洋大が復路も圧勝。10区間合計10時間52分51秒で2年ぶりの総合優勝を果たした。箱根駅伝の常連校が強さを見せ付けたものの、その裏ではレベルの低さが目立ったのも事実だ。

 往路の3区では国士舘大が97年の法政大、拓殖大以来、17年ぶりの繰り上げスタート。13チームが復路の繰り上げ一斉スタートを強いられるなど、2日間合わせて“たすきがつながらなかった”のは計24度。過去10年間では85回大会の21度を抜いてワースト記録だ。

 今大会は節目の90回を記念して学連選抜を廃止し、出場校を従来より3校増やして23校で実施。1万メートル上位10人の平均タイムが全チームとも28分以内でレベルの高いレースが期待されながら、ふたを開けてみれば、この体たらく。記念大会で出場校を水増ししたのが裏目に出る皮肉な結果となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る