東洋圧勝の裏でレベル低下顕著 箱根駅伝に必要な“リストラ”

公開日:  更新日:

 第90回の記念大会は、お寒いレースとなった。

 3日は神奈川県箱根町の芦ノ湖駐車場入り口から東京・大手町までの復路(5区間、109.9キロ)が行われ、往路を制した東洋大が復路も圧勝。10区間合計10時間52分51秒で2年ぶりの総合優勝を果たした。箱根駅伝の常連校が強さを見せ付けたものの、その裏ではレベルの低さが目立ったのも事実だ。

 往路の3区では国士舘大が97年の法政大、拓殖大以来、17年ぶりの繰り上げスタート。13チームが復路の繰り上げ一斉スタートを強いられるなど、2日間合わせて“たすきがつながらなかった”のは計24度。過去10年間では85回大会の21度を抜いてワースト記録だ。

 今大会は節目の90回を記念して学連選抜を廃止し、出場校を従来より3校増やして23校で実施。1万メートル上位10人の平均タイムが全チームとも28分以内でレベルの高いレースが期待されながら、ふたを開けてみれば、この体たらく。記念大会で出場校を水増ししたのが裏目に出る皮肉な結果となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る