アギーレ監督に選手たちが不信感 ア杯合宿で代表“冷戦”危機

公開日: 更新日:

 アジア杯(1月9~31日)開幕を控え、開催地オーストラリアの南東部セスノックで合宿中の日本代表。現地入り2日目の4日、昨年末に開催されたクラブW杯に出場したニュージーランドの有力クラブのオークランド・シティーFCと練習試合を行った。

 試合は前半33分に遠藤がミドルシュートで先制し、終了間際には岡崎がゴール。2─0で順当勝ちしたが、カウンターから決定機をつくられるシーンもあり、本番に向けて調整不足は明らかだ。

「やはりアギーレ監督の八百長問題が悪影響を及ぼしている」と言う現地取材記者がこう続ける。

「昨年12月29日に始まった国内合宿の初日、アギーレ監督自身が選手に対して『私に隠すモノは何もない。アジア杯連覇のために努力するのみ』と話したが、大半の選手は『騒動になっているワケだし、世間にも選手にも“余計な心配をさせて悪かった”とひと言謝って欲しい』と釈然としない気持ちでいる。アギーレ監督は、サッカー協会幹部から『迷惑をかけて済まない』とコメントしてくれたら、選手も納得する――と何度も要請されたが、本人は『有罪になったワケでもない。なのに謝るのは理不尽』とかたくな。それが選手間の不信感につながっている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

もっと見る