• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「DFとMFは不安だらけ」 アジア杯代表選考に疑問の声

 アジア杯の日本代表23人が発表された15日の深夜。アギーレ監督がスペイン検察当局から八百長疑惑で告発された。現状では、グレーの指揮官でアジア杯に臨まなければならず、大会中は重苦しい雰囲気に包まれるだろう。18年ロシアW杯まで、有罪か、無罪か、中ぶらりんの指揮官にチームを委ねるのか? 技術委員会の判断を見守りたい。

 さて今回は、日本代表の守備についてだ。

 GK3人は、11月のキリンチャレンジ杯と同じメンバーが選ばれた。DF陣は長友佑都の復帰で松原健が、MF陣は清武弘嗣の初招集によってボランチ田口泰士が外れた以外、キリンチャレンジ杯と変わらない。

 ケガ人が出ない限りはスタメンはGK川島。DFは右から内田、吉田、森重、長友。MF陣は長谷部をボランチに右に遠藤、左が香川という4―3―3が有力だが、DFもMFも、FW陣と比べると不安材料が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る