日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「DFとMFは不安だらけ」 アジア杯代表選考に疑問の声

 アジア杯の日本代表23人が発表された15日の深夜。アギーレ監督がスペイン検察当局から八百長疑惑で告発された。現状では、グレーの指揮官でアジア杯に臨まなければならず、大会中は重苦しい雰囲気に包まれるだろう。18年ロシアW杯まで、有罪か、無罪か、中ぶらりんの指揮官にチームを委ねるのか? 技術委員会の判断を見守りたい。

 さて今回は、日本代表の守備についてだ。

 GK3人は、11月のキリンチャレンジ杯と同じメンバーが選ばれた。DF陣は長友佑都の復帰で松原健が、MF陣は清武弘嗣の初招集によってボランチ田口泰士が外れた以外、キリンチャレンジ杯と変わらない。

 ケガ人が出ない限りはスタメンはGK川島。DFは右から内田、吉田、森重、長友。MF陣は長谷部をボランチに右に遠藤、左が香川という4―3―3が有力だが、DFもMFも、FW陣と比べると不安材料が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事