ミラン本田はナポリ戦は見せ場なし 次節が“ラストチャンス”

公開日: 更新日:

 セリエA・ミランの本田圭佑(28)に異変だ。ホームでのナポリ戦(日本時間15日午前4時45分開始)に3トップの右で先発したが、背番号10にふさわしいプレーは見せられず、地元サポーターのため息を誘ってばかりいたからだ。

 開始6分、ミランはFWメネズがトップスピードに乗って相手DF2人を抜き去り、左足で先制ゴールを決めた。後半7分にはMFボナベントゥーラが絶妙ヘディングシュート。いずれも難易度の高いゴールだった。

 ところが本田はというと、苦手な守備に奔走したり、まるで攻撃に絡めないまま。見せ場は後半14分に右サイドからドリブルで切れ込み、左足でシュートを放った場面だけ。それも威力のないボールで相手GKに難なくキャッチされた。

「今夏にミランにレンタル移籍したスペイン代表FWフェルナンド・トーレスが、なかなか調子を上げられずにデクのボー呼ばわりされています。ナポリ戦は風邪を理由にベンチ外でしたが、一部地元メディアは『戦力外を通告されて来年1月の移籍市場オープンの際に放出される』と報じています。ところが、トーレスよりも本田の方が不要だという意見も実はクラブ内に根強い。次節アウェーのローマ戦でもナポリ戦のような不甲斐ないプレーを続ければ、年明けにミランから追い出せという声が高まる可能性がありますよ」(スポーツ紙サッカー担当)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る