日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イタリア語堪能インテル長友が描くセカンドキャリアの正体

 セリエA・インテル所属の日本代表DF長友佑都(28)の口から「引退も考えた」と衝撃発言が飛び出したのは、帰国した23日に出席した「体幹トレーニング本のPRイベント」終了後、囲み取材を受けた時だった。「ブラジルW杯で燃え尽きてしまった。引退してセカンドキャリアを選択しようと思った時期もあった」(長友)

 報道陣から「セカンドキャリアとは?」と聞かれても、長友は「引退するまで絶対に明かしません」と口を閉じたが、イタリアサッカー界に詳しい関係者が「堪能なイタリア語を駆使して、テレビ放映権や選手の移籍代行などエージェント業をやる」とこう続ける。

「10年7月、長友はFC東京からセリエAチェゼーナに移籍。その際、現地の中堅代理店M社が仲立ちした。このM社はセリエAのアジア向け放映権を持ち、長友はM社の日本現地法人の社長に納まるようです。あとは日本人選手の欧州移籍、イタリア人選手のJリーグなどアジア各国のプロリーグへの移籍も手掛ける」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事