交渉難航の原因? ロイヤルズFA青木がこだわる「3年契約」

公開日:  更新日:

 意外にも所属先が決まらないのが、青木宣親(33=ロイヤルズからFA)だ。

 昨季は主に2番を打ち、打率.285、63得点、17盗塁。クリーンアップへのつなぎ役も果たした。弱小球団だったロイヤルズの29年ぶりのワールドシリーズ進出に貢献した。

 青木をめぐっては当初、再契約を検討したロイヤルズも含めて、レッズ、マリナーズ、オリオールズら複数の球団の名前が挙がっていた。中でも外野手が手薄なレッズは左翼のレギュラー候補としてリストアップ。最も熱心とみられていたが、強打の外野手を獲得したため、早々と撤退した。

 複数の米メディアによれば、現時点で青木に関心を寄せているのはブルージェイズ、オリオールズ、ジャイアンツの3球団。メジャーで依然として需要はあるものの、交渉が進展しないのは、青木の希望に合致したオファーがないからだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る