日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

交渉難航の原因? ロイヤルズFA青木がこだわる「3年契約」

 意外にも所属先が決まらないのが、青木宣親(33=ロイヤルズからFA)だ。

 昨季は主に2番を打ち、打率.285、63得点、17盗塁。クリーンアップへのつなぎ役も果たした。弱小球団だったロイヤルズの29年ぶりのワールドシリーズ進出に貢献した。

 青木をめぐっては当初、再契約を検討したロイヤルズも含めて、レッズ、マリナーズ、オリオールズら複数の球団の名前が挙がっていた。中でも外野手が手薄なレッズは左翼のレギュラー候補としてリストアップ。最も熱心とみられていたが、強打の外野手を獲得したため、早々と撤退した。

 複数の米メディアによれば、現時点で青木に関心を寄せているのはブルージェイズ、オリオールズ、ジャイアンツの3球団。メジャーで依然として需要はあるものの、交渉が進展しないのは、青木の希望に合致したオファーがないからだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事