交渉難航の原因? ロイヤルズFA青木がこだわる「3年契約」

公開日: 更新日:

 意外にも所属先が決まらないのが、青木宣親(33=ロイヤルズからFA)だ。

 昨季は主に2番を打ち、打率.285、63得点、17盗塁。クリーンアップへのつなぎ役も果たした。弱小球団だったロイヤルズの29年ぶりのワールドシリーズ進出に貢献した。

 青木をめぐっては当初、再契約を検討したロイヤルズも含めて、レッズ、マリナーズ、オリオールズら複数の球団の名前が挙がっていた。中でも外野手が手薄なレッズは左翼のレギュラー候補としてリストアップ。最も熱心とみられていたが、強打の外野手を獲得したため、早々と撤退した。

 複数の米メディアによれば、現時点で青木に関心を寄せているのはブルージェイズ、オリオールズ、ジャイアンツの3球団。メジャーで依然として需要はあるものの、交渉が進展しないのは、青木の希望に合致したオファーがないからだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    阪神ドラ1佐藤輝が心配 使い切れなければプロ野球界の損失

もっと見る