松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

「打点王1回ぐらいで、なまらはんかくさいんでないかい?」

公開日: 更新日:

 中国の共産党幹部が全員、自国製高級車「紅旗」に乗っているのに、中国であぶく銭を稼いだ新興財閥の息子連中がこれ見よがしにベンツに乗るようになったので一斉に粛清された、なんてまことしやかな噂がある。どこの世界にもあるベンツの都市伝説。

 日本じゃその昔、その筋の親分さんのステータス車といえばベンツと決まっていた。裏の世界の寄り合いだというのに料亭の周りにズラリとベンツばかりがひしめくので、裏の寄り合いが表沙汰になった。裏の商売が大っぴらにできなくなった親分さん、「裏にベンツ回せ!」と言って、回って来たのがクラウンだったりするが本人もベンツとクラウンの区別がつかなかったりする。

 やがてクラウンでさえナマコ板をぶん曲げたタクシー車体の払い下げになってもベンツだと思い込んだ親分さんは、裏社会から駆逐される運命となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る