松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

金子千尋よ、もらったカネは大事に使えよ

公開日: 更新日:

 プロ野球選手が球団事務所で記者会見して年俸更改、笑顔で「一発サインしました」、厳しい表情で「球団提示額とかなりの隔たりがありました」というのがオフで大きなニュースになることがめっきり減った。

 総理が財界のトップへ鷹揚に賃上げを要請して、これまた財界の首脳が鷹揚にうなずいて見せるというインチキ三流時代劇の悪人裏取引を見せられても一向に懐の温まる気配がなく、プロ野球でさえドラゴンズのGMが、がま口の紐を締めるシブチン査定が毎度の話題になるほど不景気なのだ。唯一話題に上るのがFA宣言で高値の買い手を待つ金子千尋(31)ぐらい。セ・リーグの在阪球団が4年で20億円を提示したとか、負けじと所属する球団も3年で15億円だとか、寒風に立てる襟とてない庶民としては夢物語。

 日本の平均的サラリーマンの生涯総収入は多くて3億円。うち出費は生活費に2億円。マイホーム建てりゃ6000万円、子供2人を大卒まで育てて6000万円、出費総計3億2000万円として、一人生涯2000万円の赤字! ましてや貯蓄など。それで国の借金が一人あたま817万円なんて頭割りされる筋合いはないのだバカヤロウ!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る