日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

駅伝好きはアノ人が嫌い?

 某局のスポーツアナからしみじみと実況中継の本音を聞いたことがある。

「マラソンはねえ、中継しててつまんないんだわ。アフリカのバッタみてえなやつらが勝つに決まってんだから。せいぜい頑張って日本選手は4、5位だもん。その点、駅伝はねえ、チームを背負ってるわけよ、個人が。マラソンはモノローグだけど、駅伝はセリフ入りのドラマでしょ。指定時間ぎりぎりでタスキつなげられりゃ最高においしい実況。万が一、繰り上げスタートとなっても、ぐぉめんなさ~い、自分のせいでタスキつながりませんでしたぁ! と泣き崩れるシーンもこっちは絶叫するしね」

 なるほど。考えてみれば「タスキをつなぐ」とは日本的だ。あれがバトンじゃつまらんだろ。そもそもタスキとは、古来、神事で穢れが付かないように袂を縛る紐。農作業に広まり、戦で兵士が武器を扱う時にも袂を縛る紐へ。それが祭りや盆踊りに広がった。和服の裾のバサバサを防ぐ目的が、いつの間にやら早かご、飛脚が各関所を通行手形がわりに斜めに斜めに肩から下げるようになり、時代とともに汗と涙を含んでずっしりと重たくなったタスキを順序よくつなぐ伝令、いわば「駅伝」が運動競技となったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事