松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

バスケ分裂問題とこの国の政治は瓜二つ

公開日:  更新日:

 日本バスケットボール協会が国際バスケットボール連盟から競技団体の資格を止められた。

 そもそも日本でバスケブームが起きたのはマイケル・ジョーダンやマジック・ジョンソンのNBA(アメリカプロバスケットボール)がテレビ中継されて以来のことだった。ガッコの体育館じゃあんな高い所にある籠にダンクシュートでぶら下がるってどういう連中だ! 彼らがみんな2メートルを超す体躯だと知ってオジサンたちは思ったもんだ。「これじゃ戦争に負けるわな……」。いや応のない体格差。

 いっぺん新幹線の車内がえらいすいてるなあ、と思ってたら新横浜から白黒抹茶ゆずコーヒー、色彩も豊かなバスケットボールの選手一団がドスドスドスと乗り込んでこられたときの圧迫感、恐怖感を忘れない。実際にドスドスドスと音がしたわけではなかったろうに、ホレ、そう書いてしまう自分にゃいわれなき白眼視が根底にあると白状せざるを得ないのだ。2メートルを超す体躯はこの国じゃ玄関をくぐれないし鴨居もくぐれない。タクシーに乗るにも体を3つ折りにしなくてはならないし、ママチャリに乗ろうとしたって3歳児用の補助輪付き自転車もどきに大男がまたがっているように見えてヨタヨタとこげない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る