松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

箱根駅伝の「山の神」とはガミガミうるさい監督のことじゃないのか?

公開日: 更新日:

 箱根駅伝で青学が総合優勝できたのは、選手の自主性を重んじた原晋監督(47)の指導法だという。夫婦で選手と寝起きを共にして世話を焼くと聞いて徹底管理が過ぎやせんか? と思ったが、実際は違ったらしい。選手が「これじゃいけない!」と自分らで取り入れたことが、

「テレビを見る時間を削って基礎体力を養う」

 これには笑った。「うちは勉強しなさい! って叱ったことがないですぅ。勝手にこの子がやったことで」とノーベル賞をもらった学者の母親が言うのと似ている。

 そういえば青学の駅伝メンバーはどことなく奔放だった。「イェ~~!」などとハイタッチしたり屈託がない。

 逆に、優勝経験豊富な駅伝名門校の選手管理は前時代的なのかもしれん。中には選手の走る後ろからマイクで「男なら根性出せ!」だのとガナって鞭打つ監督もいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る