松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

鍋釜フライパンの巨人が歯ぎしり まごまごしていると孫正義にプロ野球をのっとられちまうぞ!

公開日:  更新日:

 プロ野球シーズンオフのマネーゲームを見ていると、ソフトバンクの景気良さばかりが目立つ。

 やっていることは巨人の黄金時代と変わらない。王会長がくしくも昨年言ったこと。

「あまりやりたくなかったんだけどね」

 他チームで育った全盛期の選手をかき集める。その選手の全盛期が少しでも長く続けばいいが、過去の巨人は微妙に選手の全盛期がずれていた。三冠王3回落合、無冠の天才清原、広島のアーティスト江藤。あくまでブランド力にこだわったが、それが微妙にずれた。

「常勝巨人の宿命に足がすくんだ」だの言い訳がましい声が聞こえるのは球団内部からで、要はキャリア下り坂の選手を取ったから何度も優勝できなかったのだ。

 同様に全盛期が過ぎているが、まだブランド力にこだわって松坂大輔を誘ってみたものの、「もっと条件のいいチームがあります」とにべもなく断られたという話もあるらしいが、選手のほうが巨人というチームのブランド力に魅力を感じなくなっているのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る