自主トレ別メニュー 日ハムドラ1有原が抱える右肘の“爆弾”

公開日:  更新日:

「一軍デビューには時間がかかると思う」

 こう話すのは、ある早大野球部OB。後輩である日本ハムのドラフト1位・有原航平(早大・写真)について、「無理はするな」と言うのである。

 10日にスタートした新人合同自主トレは右肘痛を考慮して、ただひとりキャッチボールの距離を30メートルに制限されるなど別メニュー調整を強いられている。キャンプも二軍スタートが内定。栗山監督は「2月15日の紅白戦に全力で動ければ。そこから十分に勝負になる」と言っている。前出のOBが言う。

「有原は大学時代、右肘の炎症に悩まされていたが、過去に右肘の靱帯の一部が損傷したという話もあり、無理をすれば靱帯を再建する『トミー・ジョン手術』に踏み切らざるを得ない恐れがあるというのです。実際、大学時代は定期的に病院で精密検査を受けていたし、普段から野球部のトレーナーが慎重に肘の具合をチェックしながら球数、登板を制限していた。その影響で練習量は他の部員よりも圧倒的に少なかった。肘のケアに加え、プロでは一から体づくりをする必要があると思う」

 合同自主トレの3日目、有原は寒風吹きすさぶ中でキャッチボールなどを行い、「寒すぎます」と苦笑を浮かべた。キャンプの紅白戦デビューどころか、今年の大半はリハビリ生活を強いられるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る