自主トレ別メニュー 日ハムドラ1有原が抱える右肘の“爆弾”

公開日:  更新日:

「一軍デビューには時間がかかると思う」

 こう話すのは、ある早大野球部OB。後輩である日本ハムのドラフト1位・有原航平(早大・写真)について、「無理はするな」と言うのである。

 10日にスタートした新人合同自主トレは右肘痛を考慮して、ただひとりキャッチボールの距離を30メートルに制限されるなど別メニュー調整を強いられている。キャンプも二軍スタートが内定。栗山監督は「2月15日の紅白戦に全力で動ければ。そこから十分に勝負になる」と言っている。前出のOBが言う。

「有原は大学時代、右肘の炎症に悩まされていたが、過去に右肘の靱帯の一部が損傷したという話もあり、無理をすれば靱帯を再建する『トミー・ジョン手術』に踏み切らざるを得ない恐れがあるというのです。実際、大学時代は定期的に病院で精密検査を受けていたし、普段から野球部のトレーナーが慎重に肘の具合をチェックしながら球数、登板を制限していた。その影響で練習量は他の部員よりも圧倒的に少なかった。肘のケアに加え、プロでは一から体づくりをする必要があると思う」

 合同自主トレの3日目、有原は寒風吹きすさぶ中でキャッチボールなどを行い、「寒すぎます」と苦笑を浮かべた。キャンプの紅白戦デビューどころか、今年の大半はリハビリ生活を強いられるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る