日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本女子卓球が見据える「石川の次」と東京五輪「打倒中国」

 卓球の全日本選手権最終日、石川佳純(21=世界ランク4位)はシングルス戦も制し、ダブルス、混合ダブルスと合わせて3冠を達成。女子の3冠は54大会ぶり2人目だが、20年の東京五輪で金メダルを狙う協会の目は早くも「石川の次」に向けられている。

 日本オリンピック委員会は東京五輪の目標を「金メダル数で世界3位」と決めた。そのためには30個前後の金が必要とみられ、女子の卓球も有力競技として挙げられている。ただし、ロンドン五輪の団体銀に貢献した福原(同11位)と平野(16位)は、26歳と29歳。おそらく平野は、年齢的に東京の代表は無理だろう。石川もノビシロという点ではどうか。

 仮に石川が東京五輪の代表に選ばれても、卓球王国の中国を倒すには、個人戦でメダルを狙える選手をあと2、3人は育てなければならない。関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事