日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

争い熾烈! 東京五輪「追加種目」にボウリング・綱引きも参戦

 確かにそうかもしれない。

 2020年の東京五輪は、開催都市が提案する種目や分散開催が国際オリンピック委員会(IOC)に認められたことで、各競技団体の「争い」が激しくなってきた。

 マスコミ報道では、「野球・ソフトボール」の採用が濃厚といったムードだが、ウエークボードに空手、ボウリングが「ぜひ、うちも」と手を挙げた。さらにビリヤードにスポーツクライミングなども、競技普及の絶好のチャンスとばかりに腰を上げる構えを見せ、16日には日本綱引連盟も追加種目入りを目指し、大会組織委員会の森喜朗会長に要望する方針を示した。

■あなたも五輪代表になれる?

 いろんな競技が東京五輪での追加種目を目指す裏には「野球憎し」がある。ある県の綱引連盟関係者が言う。


「決して野球やソフトが憎いわけではありませんが、08年の北京五輪を最後に五輪から消えた競技じゃないですか。とくに野球は本場米国の大リーグ機構が五輪参加に非協力的。大リーグはメジャーとWBCで金もうけすることしか考えていない。仮に五輪競技に復活してもダルビッシュやマー君がチームの縛りで出場できなければメダルは厳しい。他の競技(団体)だってそう思っているはずです。それなら綱引きを採用してほしい。意外かもしれませんが、綱引きはかつて五輪競技(1900~1920年)だったのです。競技数を減らす運動で姿を消したが、その後も欧州を中心に盛んに行われており、2年に一度世界大会が開催されている。国際綱引連盟には、70以上の国と地域が加盟し、世界で普及している。台湾やスコットランドが強豪国で、日本の女子480キロは99年に金メダルを取り、02年からは3連覇もした。ルールは簡単だし、東京五輪の種目になれば多くの人が代表を目指せます」

 とはいえ、綱引きやボウリング、ビリヤードが五輪競技と言われてもやっぱりピンとこないが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事