松山英樹またも1打差惜敗 「勝負のバック9」でなぜ“失速”

公開日:  更新日:

 アリゾナ州TPCスコッツデールで開催された米国男子ツアー「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」。米ツアー2勝目に向けトップと3打差2位タイの好位置から発進した松山英樹(22)は、またしても1打差で勝てなかった。

 アウトはギャラリーが驚くほどの勢いがあった。出だし1番パー4は残り129ヤードの2打目を直接カップに放り込んでイーグル発進。その後は3番3メートル、5番4メートルとバーディーチャンスをことごとく決めて、首位のM・レアードを捕らえて14アンダーで並んだ。

 だが、ここから首位2人がパーセーブというこう着状態が続いた。松山は9番パー4で4メートルのチャンスを決められずレアードを突き放すことが出来ない。折り返して13番パー5に見せ場がようやく巡ってきた。

 ドライバーは左に曲げてラフだったが311ヤードのビッグドライブ。2打目はウッドでグリーンをオーバーするも、奥からのアプローチがさえてピンそば1メートルにピタリ。ここでようやくバーディーパットを入れ通算15アンダーとして、ついに単独トップに躍り出た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る