松山英樹またも1打差惜敗 「勝負のバック9」でなぜ“失速”

公開日: 更新日:

 アリゾナ州TPCスコッツデールで開催された米国男子ツアー「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」。米ツアー2勝目に向けトップと3打差2位タイの好位置から発進した松山英樹(22)は、またしても1打差で勝てなかった。

 アウトはギャラリーが驚くほどの勢いがあった。出だし1番パー4は残り129ヤードの2打目を直接カップに放り込んでイーグル発進。その後は3番3メートル、5番4メートルとバーディーチャンスをことごとく決めて、首位のM・レアードを捕らえて14アンダーで並んだ。

 だが、ここから首位2人がパーセーブというこう着状態が続いた。松山は9番パー4で4メートルのチャンスを決められずレアードを突き放すことが出来ない。折り返して13番パー5に見せ場がようやく巡ってきた。

 ドライバーは左に曲げてラフだったが311ヤードのビッグドライブ。2打目はウッドでグリーンをオーバーするも、奥からのアプローチがさえてピンそば1メートルにピタリ。ここでようやくバーディーパットを入れ通算15アンダーとして、ついに単独トップに躍り出た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  9. 9

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  10. 10

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

もっと見る