巨人「チーム解体」第4弾? 菅野が“VIP待遇”でエース昇格

公開日: 更新日:

 まさにエース級の扱いだ。

 菅野智之(25)が2日、宮崎キャンプ初のブルペン投球を行った。直球、カーブ、スライダー、カットボールを計64球。「まあまあです。球数はもう少し少ない予定だったけど、状態が良かったので」と話した。

 昨季12勝でセ・リーグMVP。3年目を迎える開幕投手最有力右腕は、「自分のことだけじゃなくて、若い選手や新人の力になれればいい」と話した。

 実際、菅野は米ハワイでの自主トレに連れて行った大田と松本竜の費用の多くを負担したという。

 さる球団関係者が言う。

「例えば球場使用料など、みんなで使うものは菅野持ち。東海大相模の後輩でもある大田はもう7年目。3年目の菅野とは1学年しか違わないから、何から何まで負担はしなかったけど、松本竜の分はある程度は払ってあげたようです。阿部や内海も後輩の分を負担していましたしね。どうやら原監督が、周りを見てエースの自覚を持て、と言ったようで、もうベテランのような風格ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る