巨人「チーム解体」第4弾? 菅野が“VIP待遇”でエース昇格

公開日:  更新日:

 まさにエース級の扱いだ。

 菅野智之(25)が2日、宮崎キャンプ初のブルペン投球を行った。直球、カーブ、スライダー、カットボールを計64球。「まあまあです。球数はもう少し少ない予定だったけど、状態が良かったので」と話した。

 昨季12勝でセ・リーグMVP。3年目を迎える開幕投手最有力右腕は、「自分のことだけじゃなくて、若い選手や新人の力になれればいい」と話した。

 実際、菅野は米ハワイでの自主トレに連れて行った大田と松本竜の費用の多くを負担したという。

 さる球団関係者が言う。

「例えば球場使用料など、みんなで使うものは菅野持ち。東海大相模の後輩でもある大田はもう7年目。3年目の菅野とは1学年しか違わないから、何から何まで負担はしなかったけど、松本竜の分はある程度は払ってあげたようです。阿部や内海も後輩の分を負担していましたしね。どうやら原監督が、周りを見てエースの自覚を持て、と言ったようで、もうベテランのような風格ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る