プロ野球の「助っ人たらい回し」 日本人選手には弊害だらけ

公開日: 更新日:

 もはやオフの風物詩と言っていいだろう。外国人選手の来季契約が次々と決まり始めている中、今オフも助っ人の「シャッフル現象」が止まらないからだ。

 すでにバリントン(34=広島)、ブランコ(34=DeNA)のオリックス移籍が決定的で、ミコライオ(30=広島)はヤクルトへの加入が秒読み。ペーニャ(32=オリックス)、キラ(30=広島)、ロペス(31=巨人)も国内他球団への移籍を模索している。

 毎年、新たな助っ人を発掘しているチームはもはや広島、日本ハム、中日などごくわずか。「当たるか外れるか分からない新外国人選手を何人も取るなら、高いカネを払っても日本で実績のある、確実に計算できる外国人選手を他球団から引き抜いたほうがリスクが少ない」という球団側の思惑はあるにせよ、代わり映えのしない助っ人ばかりではファンもうんざりだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る