プロ野球の「助っ人たらい回し」 日本人選手には弊害だらけ

公開日:  更新日:

 もはやオフの風物詩と言っていいだろう。外国人選手の来季契約が次々と決まり始めている中、今オフも助っ人の「シャッフル現象」が止まらないからだ。

 すでにバリントン(34=広島)、ブランコ(34=DeNA)のオリックス移籍が決定的で、ミコライオ(30=広島)はヤクルトへの加入が秒読み。ペーニャ(32=オリックス)、キラ(30=広島)、ロペス(31=巨人)も国内他球団への移籍を模索している。

 毎年、新たな助っ人を発掘しているチームはもはや広島、日本ハム、中日などごくわずか。「当たるか外れるか分からない新外国人選手を何人も取るなら、高いカネを払っても日本で実績のある、確実に計算できる外国人選手を他球団から引き抜いたほうがリスクが少ない」という球団側の思惑はあるにせよ、代わり映えのしない助っ人ばかりではファンもうんざりだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る