日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

前代未聞の投球非公開 ソフトB松坂の“身勝手”にブーイング

「メジャーで実績を挙げた投手とはいえ、何様のつもりなんか!」

 9年ぶりに日本球界に復帰したソフトバンクの松坂大輔(34)が、いきなり報道陣を敵に回した。

 自身の練習メニューを勝手に変更したのはまだいいが、屋内ブルペンを独り占めしての「完全非公開」の投球練習が顰蹙を買ったのだ。

 事件が起こったのは午後2時30分すぎ。「ちょっとマウンドの感触を確かめたい」と、誰もいないブルペンに足を運んだ直後だった。大勢の報道陣がブルペン脇に集まると、当初はマウンド上でのシャドーピッチングを公開。5分後にブルペン捕手の姿を見つけるや否や、「すみませんが、(全員ブルペンから)出てもらっていいですか」と、記者やカメラマンを遠ざけた。それからおよそ30分、前代未聞の「完全非公開投球練習」を行った。ちなみにこの練習は捕手を立たせての投球だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事