米国キャディーが「PGAツアー」相手に集団訴訟の“裏事情”

公開日: 更新日:

 米国の男子ゴルフでキャディーを務める82人が立ち上がった。

 ザック・ジョンソン、ウェブ・シンプソン、ケビン・ナらのキャディーたちが先頭に立って集団訴訟を起こした。相手はPGAツアーだ。

 AP通信によれば、同ツアーが5000万ドル(約59億円)のスポンサー料を得ているのに、大会スポンサーのロゴ入りビブスを身に着けているキャディーには、対価が支払われていない。「ツアーや大会広告宣伝に寄与しているので、オレたちにもいくらか寄こせ」というわけだ。

 ゴルフジャーナリストの吉川英三郎氏が言う。

「キャディーとPGAツアーは訴訟の案件で交渉を続けてきたが進展がなかったのでしょう。そもそもキャディーと雇用関係にあるのは選手です。キャディーは選手から受け取る手当(賞金の7~10%)をアップしてもらえばいいという声もあるが、『選手相手に戦えないのでツアーを訴えている』と説明する関係者もいます。お金のことでいえば、PGAツアーは試合中のケガなどに備え、キャディーの保険料の一部を負担しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る