2・20がヤマ ポスト・アギーレに浮上する“南米出身者”

公開日: 更新日:

 アギーレ後任監督問題は、各スポーツメディアとも「次期監督の選定を一任されている霜田技術委員長の尻尾が、なかなか掴めないでイライラしている」(マスコミ関係者)。欧州で実績があり、代表監督経験者を中心に「当たればめっけモノ……と手当たり次第に名前を挙げている」(前出の関係者)状況である。

 次期監督の名前とともに気になるのは「新監督はいつ決まるか?」だ。スポーツメディアは「3月27、31日の親善試合は代行監督で十分。じっくりと選び、6月からの18年ロシアW杯予選に間に合えばいいじゃないか」という論調が多い。

 しかし、技術委員会は「2月20日までをメドに新監督と基本合意に達したい」「速やかに契約を交わしてビザを取得。3月7日開幕のJリーグを一試合でも多く視察してもらい、月末の親善試合に臨んで欲しいと考えている」ともっぱら。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  5. 5

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  6. 6

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  7. 7

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る