日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2・20がヤマ ポスト・アギーレに浮上する“南米出身者”

 アギーレ後任監督問題は、各スポーツメディアとも「次期監督の選定を一任されている霜田技術委員長の尻尾が、なかなか掴めないでイライラしている」(マスコミ関係者)。欧州で実績があり、代表監督経験者を中心に「当たればめっけモノ……と手当たり次第に名前を挙げている」(前出の関係者)状況である。

 次期監督の名前とともに気になるのは「新監督はいつ決まるか?」だ。スポーツメディアは「3月27、31日の親善試合は代行監督で十分。じっくりと選び、6月からの18年ロシアW杯予選に間に合えばいいじゃないか」という論調が多い。

 しかし、技術委員会は「2月20日までをメドに新監督と基本合意に達したい」「速やかに契約を交わしてビザを取得。3月7日開幕のJリーグを一試合でも多く視察してもらい、月末の親善試合に臨んで欲しいと考えている」ともっぱら。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事