日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ピクシーの「傷」とレオ様の「器」 アギーレ後任筆頭候補を検証

 まさに「百花繚乱」と言うにふさわしい。

 八百長疑惑のアギーレ日本代表監督(56)の解任を受けスポーツマスコミの次期監督報道は過熱する一方。21人もの外国人指導者の顔写真を1面に並べて「後任は大物外国人」と見出しを掲げたスポーツ紙もあったが、各メディアが入り乱れて次期監督探しに躍起になっている。

 これまで報じられた中で、日本のサッカーファンに馴染みの深い指導者がいる。名古屋監督として10年Jリーグを制したストイコビッチ(49)と94~96年に鹿島でプレーした元ブラジル代表DFレオナルド(45)だ。

 しかも、この2人は「日本は大好き。要請があったら受ける」(ストイコビッチ)、「話が来たら喜んで受けたい」(レオナルド)とポスト・アギーレに色気タップリ。しかし、2人とも「日本サッカー協会内では不適格者の烙印を押されている」とマスコミ関係者が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事