• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ピクシーの「傷」とレオ様の「器」 アギーレ後任筆頭候補を検証

 まさに「百花繚乱」と言うにふさわしい。

 八百長疑惑のアギーレ日本代表監督(56)の解任を受けスポーツマスコミの次期監督報道は過熱する一方。21人もの外国人指導者の顔写真を1面に並べて「後任は大物外国人」と見出しを掲げたスポーツ紙もあったが、各メディアが入り乱れて次期監督探しに躍起になっている。

 これまで報じられた中で、日本のサッカーファンに馴染みの深い指導者がいる。名古屋監督として10年Jリーグを制したストイコビッチ(49)と94~96年に鹿島でプレーした元ブラジル代表DFレオナルド(45)だ。

 しかも、この2人は「日本は大好き。要請があったら受ける」(ストイコビッチ)、「話が来たら喜んで受けたい」(レオナルド)とポスト・アギーレに色気タップリ。しかし、2人とも「日本サッカー協会内では不適格者の烙印を押されている」とマスコミ関係者が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

もっと見る