釜本氏がアギーレ後任選びを心配 「拙速に決めれば二の舞」

公開日:  更新日:

 今回のアギーレ八百長騒動を言葉にしてみる。「遅きに失した」。これしかないだろう。

 昨年9月、スペインの地元紙が八百長疑惑を報道。日本サッカー協会の原専務理事が「アギーレ監督は疑惑を全面否定」と話したのは、翌月の10月9日のことだった。

 その後、サッカー協会は、どれだけ本気になって八百長疑惑について調査したのだろうか。

 昨年12月15日、スペイン検察当局がアギーレ監督、選手ら40人以上を告発した。それでもサッカー協会は「進捗状況を見守りたい」という立場を崩さなかった。

 昨年のうちに日刊ゲンダイなどで主張させてもらったが、いくらアギーレ氏が推定無罪を訴えたとしても「火のないところに煙は立たない」。少なくとも告発された時点で、アギーレ氏をスパッと解任すべきだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る