日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

釜本氏がアギーレ後任選びを心配 「拙速に決めれば二の舞」

 今回のアギーレ八百長騒動を言葉にしてみる。「遅きに失した」。これしかないだろう。

 昨年9月、スペインの地元紙が八百長疑惑を報道。日本サッカー協会の原専務理事が「アギーレ監督は疑惑を全面否定」と話したのは、翌月の10月9日のことだった。

 その後、サッカー協会は、どれだけ本気になって八百長疑惑について調査したのだろうか。

 昨年12月15日、スペイン検察当局がアギーレ監督、選手ら40人以上を告発した。それでもサッカー協会は「進捗状況を見守りたい」という立場を崩さなかった。

 昨年のうちに日刊ゲンダイなどで主張させてもらったが、いくらアギーレ氏が推定無罪を訴えたとしても「火のないところに煙は立たない」。少なくとも告発された時点で、アギーレ氏をスパッと解任すべきだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事