日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラウドルップもリスト外 アギーレ後任報道の“正しい読み方”

 アギーレ日本代表監督の解任後、後任監督候補報道は、それこそ誰彼構わず状態。1面に20人以上の外国人の顔写真を並べたスポーツ紙もあったが、それでも6日に霜田技術委員長が「候補者を5人程度に絞った」とコメントしたことで各メディアは、もっともらしい理由を付けて“決め打ち”するようになった。

 しかし、今でも「絶対あり得ない名前が飛び交っている」と某マスコミ関係者がこう続ける。

「技術委員会には、後任監督選定に際して2つの基本路線がある。まずは《代表監督経験者》。毎日指導でき、他国の選手も補強できるクラブの監督と同国人選手しか選べず、合宿も時々しか行えない代表監督は似て非なるもの。2006年W杯のジーコ、14年W杯のザッケローニは代表監督の経験がなく、2人とも短期集中開催のW杯で監督自身が舞い上がり、出だしでつまずいたチームを立て直せなかった。クラブ経験しかない指揮官は、リストから外れています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事