ラウドルップもリスト外 アギーレ後任報道の“正しい読み方”

公開日: 更新日:

 アギーレ日本代表監督の解任後、後任監督候補報道は、それこそ誰彼構わず状態。1面に20人以上の外国人の顔写真を並べたスポーツ紙もあったが、それでも6日に霜田技術委員長が「候補者を5人程度に絞った」とコメントしたことで各メディアは、もっともらしい理由を付けて“決め打ち”するようになった。

 しかし、今でも「絶対あり得ない名前が飛び交っている」と某マスコミ関係者がこう続ける。

「技術委員会には、後任監督選定に際して2つの基本路線がある。まずは《代表監督経験者》。毎日指導でき、他国の選手も補強できるクラブの監督と同国人選手しか選べず、合宿も時々しか行えない代表監督は似て非なるもの。2006年W杯のジーコ、14年W杯のザッケローニは代表監督の経験がなく、2人とも短期集中開催のW杯で監督自身が舞い上がり、出だしでつまずいたチームを立て直せなかった。クラブ経験しかない指揮官は、リストから外れています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  6. 6

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  7. 7

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  8. 8

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  9. 9

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  10. 10

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る