• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラウドルップもリスト外 アギーレ後任報道の“正しい読み方”

 アギーレ日本代表監督の解任後、後任監督候補報道は、それこそ誰彼構わず状態。1面に20人以上の外国人の顔写真を並べたスポーツ紙もあったが、それでも6日に霜田技術委員長が「候補者を5人程度に絞った」とコメントしたことで各メディアは、もっともらしい理由を付けて“決め打ち”するようになった。

 しかし、今でも「絶対あり得ない名前が飛び交っている」と某マスコミ関係者がこう続ける。

「技術委員会には、後任監督選定に際して2つの基本路線がある。まずは《代表監督経験者》。毎日指導でき、他国の選手も補強できるクラブの監督と同国人選手しか選べず、合宿も時々しか行えない代表監督は似て非なるもの。2006年W杯のジーコ、14年W杯のザッケローニは代表監督の経験がなく、2人とも短期集中開催のW杯で監督自身が舞い上がり、出だしでつまずいたチームを立て直せなかった。クラブ経験しかない指揮官は、リストから外れています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る