ハリル氏契約期間は2年半 協会が画策する「アギーレ再登板」

公開日:  更新日:

 ハビエル・アギーレ前日本代表監督(56)の解任が発表された3日後の、2月6日のことだった。

 任命権者として批判の矢面に立たされていた日本サッカー協会の原博実専務理事(前技術委員長=56)は、都内の大隈庭園裏にあるリーガロイヤルホテル東京にいた。宴会場で開かれた、母校・「早稲田大学WMWクラブ ア式蹴球部総会」に出席するためである。

「そもそも会への出席率が悪い彼が、しかもあのアギーレ解任騒動の真っただ中に姿を見せたものだから、会場にいた男女現役部員100人、OB70人ほどがみな、ビックリしていましたよ」と、出席した早大OBのひとりがこう続ける。

「先輩OBから『大変だな。記者に追い掛け回されて』と話し掛けられると、『そうなんですよ』と答え、その後、誰に対しても同じセリフを吐いていた。解任したアギーレ氏について『必ず無実になる。2年もすれば真っ白になってサッカー界に復帰します』と言うんで、さらにみんなが驚いたわけです。せわしなく会場内を動き回っては、『彼はシロ』と繰り返し言うから、かなり奇異の目で見られていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る