初実戦1球降板の山本昌 「現役続行」が中日にもたらす波紋

公開日: 更新日:

 これでも「野球選手」といえるのか。

 中日の山本昌(49)が3日、初の実戦となった教育リーグのソフトバンク戦に四回から登板。初球を投げた直後に顔をしかめ、そのまま降板した。右ヒザ靱帯を痛めたとの診断だが、もう限界だ。

 プロ32年目の左腕は昨年、たった3試合(1勝1敗)しか投げず、ほとんど戦力にならなかった。それでも中日は山本の希望を聞き入れ現役続行を認めた。4度の優勝に貢献した功労者であり、落合GMに「引退のタイミングは自分で決めろ」と言われたからだ。

 山本は今季1勝すれば世界最年長勝利記録(元フィリーズのモイヤーの持つ49歳5カ月)を更新する。本人は世界記録を花道にユニホームを脱ぐつもりなのだが、若手や中堅にとっては、もはや“お邪魔虫”も同然。

 例えば、選手会長の大島は昨オフ、年俸更改でモメにモメた。前年は7500万円から減額制限ギリギリ25%減の5625万円まで年俸を下げられたから、昨年は141試合で球団記録の186安打、自己最高でリーグ4位の打率(.318)をマークし大幅増を期待した。ところが、5625万円から1775万円増の7400万円という「微増」に激怒。「(年俸)調停にも行く覚悟です」とケツをまくり、落合GM就任2年目で初の保留者となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る