初実戦1球降板の山本昌 「現役続行」が中日にもたらす波紋

公開日:  更新日:

 これでも「野球選手」といえるのか。

 中日の山本昌(49)が3日、初の実戦となった教育リーグのソフトバンク戦に四回から登板。初球を投げた直後に顔をしかめ、そのまま降板した。右ヒザ靱帯を痛めたとの診断だが、もう限界だ。

 プロ32年目の左腕は昨年、たった3試合(1勝1敗)しか投げず、ほとんど戦力にならなかった。それでも中日は山本の希望を聞き入れ現役続行を認めた。4度の優勝に貢献した功労者であり、落合GMに「引退のタイミングは自分で決めろ」と言われたからだ。

 山本は今季1勝すれば世界最年長勝利記録(元フィリーズのモイヤーの持つ49歳5カ月)を更新する。本人は世界記録を花道にユニホームを脱ぐつもりなのだが、若手や中堅にとっては、もはや“お邪魔虫”も同然。

 例えば、選手会長の大島は昨オフ、年俸更改でモメにモメた。前年は7500万円から減額制限ギリギリ25%減の5625万円まで年俸を下げられたから、昨年は141試合で球団記録の186安打、自己最高でリーグ4位の打率(.318)をマークし大幅増を期待した。ところが、5625万円から1775万円増の7400万円という「微増」に激怒。「(年俸)調停にも行く覚悟です」とケツをまくり、落合GM就任2年目で初の保留者となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る