日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

空席目立ち…山本昌の“ロートル記録”に中日ファン食傷気味

 プロ野球の「レジェンド」こと山本昌(49)が5日の阪神戦で今季初登板。

 毎回走者を出しながらも要所を締め、5回5安打無失点で今季初勝利を挙げた。49歳25日の勝利は、50年に浜崎真二(阪急)が当時中継ぎで記録した最年長勝利記録(48歳4カ月)を64年ぶりに更新。

 同時に、浜崎が保持していた48歳10カ月の最年長登板、最年長出場、最年長先発のプロ野球記録も一気に塗り替えた。

「苦労しましたけど、こういう場に立てて、幸せな野球選手だなと思います」とは試合後の山本昌。プロ31年目での偉業に感無量の表情を見せていたが、本人とは対照的だったのがスタンドだ。

 金曜日の阪神戦だったうえ、前日に山本昌の予告先発が発表されていた。にもかかわらず、内野席には空席が目立ち、最大収容人員が3万8414人のナゴヤドームで、この日は2万9656人止まり。先週金曜日の広島戦は3万7954人だった。CS争いから後退しつつあるチーム事情があるとはいえ、ベテランの偉業ならもう少し観客が入ってもいい。なのに伸び悩んだのは、中日ファンの“ロートル記録”に対する「飽き」もあるといわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事