空席目立ち…山本昌の“ロートル記録”に中日ファン食傷気味

公開日:  更新日:

 プロ野球の「レジェンド」こと山本昌(49)が5日の阪神戦で今季初登板。

 毎回走者を出しながらも要所を締め、5回5安打無失点で今季初勝利を挙げた。49歳25日の勝利は、50年に浜崎真二(阪急)が当時中継ぎで記録した最年長勝利記録(48歳4カ月)を64年ぶりに更新。

 同時に、浜崎が保持していた48歳10カ月の最年長登板、最年長出場、最年長先発のプロ野球記録も一気に塗り替えた。

「苦労しましたけど、こういう場に立てて、幸せな野球選手だなと思います」とは試合後の山本昌。プロ31年目での偉業に感無量の表情を見せていたが、本人とは対照的だったのがスタンドだ。

 金曜日の阪神戦だったうえ、前日に山本昌の予告先発が発表されていた。にもかかわらず、内野席には空席が目立ち、最大収容人員が3万8414人のナゴヤドームで、この日は2万9656人止まり。先週金曜日の広島戦は3万7954人だった。CS争いから後退しつつあるチーム事情があるとはいえ、ベテランの偉業ならもう少し観客が入ってもいい。なのに伸び悩んだのは、中日ファンの“ロートル記録”に対する「飽き」もあるといわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る