ダル離脱の余波懸念 「日本人投手の大型契約に大打撃」の声が

公開日: 更新日:

 甲子園大会になると投手の登板過多が問題になるように、日本の野球選手がアマチュア時代から肩、肘を消耗している面も否定できない。

■大谷やマエケンのメジャー行きには影響必至か

 それでもダルのような選手にまでトミー・ジョン手術の可能性が生じる現状は、今後、海を渡ろうという選手にも影響を及ぼす。プロ野球でいえば大谷翔平(20=日本ハム)しかり、前田健太(26=広島)しかりだ。スポーツライターの友成那智氏がこう言った。

「最近のデータによればトミー・ジョン手術によって球速が増すのはごく一部の投手です。若い選手が体幹トレーニングなどの肘とは別の部分を鍛えて球速がアップするケースで、23歳で手術をした田沢がいい例です。けれどもトミー・ジョン手術をした投手の大半は平均して球速が3キロほど落ちますからね。手術によってパフォーマンスが下がるだけに、メジャーも手術の可能性のある日本の投手との契約は慎重にならざるを得ないでしょう。中でも打撃を受けるのは大型契約になりがちな先発です。入札金を含めて7年総額210億円の田中がメジャー1年目に離脱、6年総額130億円のダルビッシュが4年目の開幕前に大きな故障をしたことで、100億円を超すような大型契約は大打撃を受けますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    夫フジモンは男を上げる格好に「男は黙って離婚」が正解か

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    親の介護のために定年退職後はアルバイトを続けてきたが…

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    阿部慎之助はこうして高等技術「ツイスト打法」を会得した

  8. 8

    官僚のみなさん怒ったら? どこまでも上から目線の菅長官

  9. 9

    「私なら辞める」河井案里議員は自分の発言を忘れたのか?

  10. 10

    梅宮辰夫が役者になった目的4つ いい女を抱く、酒を飲む…

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る