実績文句なしのハリルホジッチ氏 日本代表で苦労必至の理由

公開日: 更新日:

■タレント揃いだった過去2度の代表監督時代

 しかしながら、ハリルホジッチ氏が率いたチームは、代表もクラブも選手個々の能力が、フィジカル的にもテクニック的にも高い国ばかり――を決して忘れてはならない。

 たとえばコートジボワールの代表監督時代。南アW杯アフリカ予選を8勝4分け(29得点・6失点)という素晴らしい成績で突破したが、主軸のFWドログバ、FWカルー、MFヤヤ・トゥーレのような傑出した選手は日本代表には見当たらない。アルジェリア代表もそうだ。仏リーグを中心に欧州各国リーグで活躍していた選手が大半を占め、年代別の仏代表歴を持つMFタイデル(インテル)、MFベンタレブ(トットナム)、MFフェゲル(バレンシア)を帰化させるなどタレントがズラリ揃っていた。

「どんなに優秀な指揮官だろうが、実際にプレーするのは選手たちですからね。過度な期待は禁物です」とはスポーツライターの平野史氏である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    夫フジモンは男を上げる格好に「男は黙って離婚」が正解か

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  6. 6

    親の介護のために定年退職後はアルバイトを続けてきたが…

  7. 7

    阿部慎之助はこうして高等技術「ツイスト打法」を会得した

  8. 8

    官僚のみなさん怒ったら? どこまでも上から目線の菅長官

  9. 9

    「私なら辞める」河井案里議員は自分の発言を忘れたのか?

  10. 10

    梅宮辰夫が役者になった目的4つ いい女を抱く、酒を飲む…

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る