実績文句なしのハリルホジッチ氏 日本代表で苦労必至の理由

公開日: 更新日:

 ともあれ、ハリルホジッチ新監督に対する期待の高さは、サッカー協会内やJリーグなど現場レベルから多く聞こえてくる。それもこれも歴代日本代表監督の中で実績が群を抜いているからだ。

 アルジェリア代表監督として14年ブラジルW杯に出場。決勝トーナメント1回戦で優勝したドイツに惜敗したが、16強入りで注目を集めた。10年南アW杯のアフリカ予選では、コートジボワール代表を予選突破させている(本大会前に辞任)。クラブでは、仏リーグ・リール監督時代に最優秀監督賞を獲得。欧州CLにも出場した。パリSG時代には国内カップ戦を制しているし、モロッコやクロアチア時代にはリーグ優勝を達成している。

「手腕として評価できるところは、母国以外の国の代表チームを率いてW杯予選を2度通過していること。異国で采配を振る場合、その国の文化などにも馴染まないといけないし、その国の人々のメンタリティーも理解するなどピッチ外での適応能力の高さも必要となってくる。監督としての能力の高さは戦術、用兵の引き出しの豊富さからも証明されています。ブラジルW杯1次リーグ3試合では、3試合とも先発メンバーを変え、抜擢した選手がゴールを決めるなど采配がズバズバ的中しました。チーム戦術も試合、局面によって変更し、それでもチーム全体のクオリティーは低下しませんでした。非常に楽しみな指導者がやって来た。そう言っていいでしょう」(サッカージャーナリスト・六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  3. 3

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  4. 4

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  7. 7

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  8. 8

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    子供には食べさせたくない 高カロリーな異性化糖入り菓子

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る