“スマイル女王”キム・ハヌル 念願の日本参戦で大暴れの予感

公開日:  更新日:

【ヨコハマタイヤゴルフトーナメント】(高知・土佐CC=6217ヤード・パー72)

 全美貞(32)が8アンダーで初日トップに立ったように、日本女子ツアーで韓国選手が強いのは、ご存じの通り。そして今季からまたひとり、手ごわい選手が乗り込んできた。母国で「スマイル・クイーン」のニックネームを持つキム・ハヌル(26)だ。

 今大会初日は3アンダー、8位タイと上々のスタート。美人であり、しかも韓国女子ツアーで2年連続賞金女王(11年、12年)に輝いた実力者でもある。

 韓国事情に詳しいジャーナリストの太刀川正樹氏が言う。

「イ・ボミが日本ツアーに参戦したのが11年。仲良しだったキム・ハヌルも日本に一緒に行きたかった。しかし人気選手が続々と海外へ流出して韓国ツアーの空洞化を心配したスポンサーから日本行きを止められたのです。2年間韓国で我慢して、13年に米ツアー予選会を受けようとしたところ、またも韓国ツアーとスポンサーから、前年優勝者として日程が重なる試合への出場を強要された。出場しなければ1億ウォンの罰金を科すと言われ、泣く泣くあきらめるしかなかった、悔しい過去があるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る