日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

横峯さくら勘違い? 米ツアー“ドタバタ”デビュー招いた理由

 今年から米女子ツアーに参戦する横峯さくら(29)が、5日に開幕の今季2戦目、「ピュアシルク・バハマLPGAクラシック」(バハマ、オーシャンクラブGC)でようやく「デビュー」した。初日は悪天候で競技進行が大幅に遅れサスペンデッド。イーグル直後のダブルボギーを叩くなど出入りの激しいゴルフで、5ホールのみ消化でイーブンパーだった。

 さくらの米ツアーデビューだが、誤算はなかったのか。昨年末の最終予選会で11位タイに入り、上位20人に与えられる優先権を手にはした。ゴルフ雑誌やスポーツ紙は、「ツアーのフル出場権を獲得」と報じ、「今は(米ツアーで戦うことが)すごい楽しみ」と、先月19日渡米したが、開幕戦には出られず、人生初のマンデー予選会にも失敗した。

 最終予選会では11位タイでも、さくらの米ツアー通算優先順位は140位。実はこの順位ではシーズンを通してフル参戦できるわけではない。今大会のように120人枠だと、欠場者による繰り上がりでしか出場できないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事