阪神「第5の助っ人」サンティアゴに課せられた“本当の使命”

公開日:  更新日:

「いつか日本に挑戦したいと思っていた」

 こう意気込んだのは、昨16日に阪神に入団が決まったマリオ・サンティアゴ(30=前ドジャース2A)。第5の助っ人となる右腕はプエルトリコ出身で年俸12万5000ドル(約1500万円)の1年契約。17日から二軍に合流するという。

 阪神は4人の外国人枠をマートン、ゴメス、メッセンジャー、呉昇桓でガッチリ固定。サンティアゴは誰かが故障したときの“保険”の意味合いが強い。また、中南米のドミニカ共和国出身のゴメスが1年目から打点王を獲得するなど補強が成功。中南米ルートをさらに強化したい意向もあるという。

 ただ、この新助っ人の実績を見れば大きな期待はもてない。

 12年に韓国SKで6勝を挙げ、13年WBCではプエルトリコ代表として日本との準決勝に先発。7回3安打無失点で勝ち投手になった。しかし、これ以外に目立った活躍はない。メジャーでの登板はゼロ。11年、ロイヤルズ3Aでは3勝3敗、防御率5.70と振るわなかった。13年にドジャース2Aと契約するも、故障で登板はナシ。以降、マイナーでも全く投げておらず、今年のカリビアンシリーズではプエルトリコ代表のサントゥルセに所属し、1試合の登板だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る