阪神「第5の助っ人」サンティアゴに課せられた“本当の使命”

公開日: 更新日:

「いつか日本に挑戦したいと思っていた」

 こう意気込んだのは、昨16日に阪神に入団が決まったマリオ・サンティアゴ(30=前ドジャース2A)。第5の助っ人となる右腕はプエルトリコ出身で年俸12万5000ドル(約1500万円)の1年契約。17日から二軍に合流するという。

 阪神は4人の外国人枠をマートン、ゴメス、メッセンジャー、呉昇桓でガッチリ固定。サンティアゴは誰かが故障したときの“保険”の意味合いが強い。また、中南米のドミニカ共和国出身のゴメスが1年目から打点王を獲得するなど補強が成功。中南米ルートをさらに強化したい意向もあるという。

 ただ、この新助っ人の実績を見れば大きな期待はもてない。

 12年に韓国SKで6勝を挙げ、13年WBCではプエルトリコ代表として日本との準決勝に先発。7回3安打無失点で勝ち投手になった。しかし、これ以外に目立った活躍はない。メジャーでの登板はゼロ。11年、ロイヤルズ3Aでは3勝3敗、防御率5.70と振るわなかった。13年にドジャース2Aと契約するも、故障で登板はナシ。以降、マイナーでも全く投げておらず、今年のカリビアンシリーズではプエルトリコ代表のサントゥルセに所属し、1試合の登板だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  7. 7

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る