阪神「第5の助っ人」サンティアゴに課せられた“本当の使命”

公開日: 更新日:

「いつか日本に挑戦したいと思っていた」

 こう意気込んだのは、昨16日に阪神に入団が決まったマリオ・サンティアゴ(30=前ドジャース2A)。第5の助っ人となる右腕はプエルトリコ出身で年俸12万5000ドル(約1500万円)の1年契約。17日から二軍に合流するという。

 阪神は4人の外国人枠をマートン、ゴメス、メッセンジャー、呉昇桓でガッチリ固定。サンティアゴは誰かが故障したときの“保険”の意味合いが強い。また、中南米のドミニカ共和国出身のゴメスが1年目から打点王を獲得するなど補強が成功。中南米ルートをさらに強化したい意向もあるという。

 ただ、この新助っ人の実績を見れば大きな期待はもてない。

 12年に韓国SKで6勝を挙げ、13年WBCではプエルトリコ代表として日本との準決勝に先発。7回3安打無失点で勝ち投手になった。しかし、これ以外に目立った活躍はない。メジャーでの登板はゼロ。11年、ロイヤルズ3Aでは3勝3敗、防御率5.70と振るわなかった。13年にドジャース2Aと契約するも、故障で登板はナシ。以降、マイナーでも全く投げておらず、今年のカリビアンシリーズではプエルトリコ代表のサントゥルセに所属し、1試合の登板だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    ジャパンライフと政界、マスコミ、警察の結託…腐った構造

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る