ユーベ戦はまたベンチ 香川は代表でレギュラーを張れるのか

公開日: 更新日:

 ドルトムントFW香川真司にしてみたら、CL決勝トーナメント1回戦第2レグのユベントス戦(日本時間19日午前4時45分キックオフ)で目に見える結果を残し、日本代表ハリルホジッチ新監督に存在感をアピールしたいところ。だが、先発メンバーから外れた香川は、第1レグに続いてベンチスタートとなった。

 試合は香川にとって有利な展開だった。開始早々にユベントスFWテベスの強烈ミドルシュートが決まり、前半を0-1で折り返したドルトムントは、攻撃系の選手を送り出して巻き返したい。ところがクロップ監督は後半からMFキルヒを送り出し、63分にはFWラモスとMFブワシュチコフスキを同時投入。

 この時点で香川の出番はなくなった。

「ハリルホジッチ新監督は、就任記者会見で『2、3年前、ある選手はもっと良い選手だった』とコメント。名指しは避けたとはいえ、香川を指しているのは明白。現状では“平凡な選手”と言ったも同然だし、ハリルホジッチ自身、ドイツ国内リーグでのプレーを見る限り、香川の再生はなかなか難しいと考えている節があって27日のチュニジア戦、31日のウズベキスタン戦の2試合とも出番なしに終わったら、それ以降、香川は日本代表からお呼びが掛からなくなる可能性もある」(サッカー記者)

 19日発表の代表メンバーには選出された香川。21日には敵地でのハノーファー96戦を控えるが、ひょっとするとその一戦が香川にとって最後のチャンスになる可能性もある。

 いよいよ正念場だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る