J視察のハリル監督不満 「もう少しやる気、力強さを」の真意

公開日: 更新日:

「もう少し、やる気、力強さを見せてもらいたかった」

 サッカー日本代表監督に就任したハリルホジッチ(62)が14日、JリーグのFC東京―横浜M戦を視察してこう言った。

 選手で固有名詞が出たのは、再三、ファインセーブを見せたFC東京GKの権田(26)ひとり。「前半はまあまあだったけど、後半はリズムが出てきた。ゴールがなかったのは残念だ。守備面が見られたのは良かった」と感想を口にしたものの、同監督が不満だと看破した「やる気」や「力強さ」といえば、かねて日本代表に欠如しているといわれる技術や体力以前の問題だ。

 新監督が初めてJリーグの試合を視察した。本来なら気を吐いてしかるべきFC東京FW武藤(22)、DF森重(27)、横浜MのFW斎藤(24)ら代表クラスの選手たちが、指揮官が思わず名前を口にしたくなるような結果を残せなかった。選手のやる気や力強さに疑問を感じるのは当然として、ハリルホジッチが顔をしかめたのはもっと根本的な部分ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  6. 6

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  7. 7

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  8. 8

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  9. 9

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る