J視察のハリル監督不満 「もう少しやる気、力強さを」の真意

公開日:  更新日:

「もう少し、やる気、力強さを見せてもらいたかった」

 サッカー日本代表監督に就任したハリルホジッチ(62)が14日、JリーグのFC東京―横浜M戦を視察してこう言った。

 選手で固有名詞が出たのは、再三、ファインセーブを見せたFC東京GKの権田(26)ひとり。「前半はまあまあだったけど、後半はリズムが出てきた。ゴールがなかったのは残念だ。守備面が見られたのは良かった」と感想を口にしたものの、同監督が不満だと看破した「やる気」や「力強さ」といえば、かねて日本代表に欠如しているといわれる技術や体力以前の問題だ。

 新監督が初めてJリーグの試合を視察した。本来なら気を吐いてしかるべきFC東京FW武藤(22)、DF森重(27)、横浜MのFW斎藤(24)ら代表クラスの選手たちが、指揮官が思わず名前を口にしたくなるような結果を残せなかった。選手のやる気や力強さに疑問を感じるのは当然として、ハリルホジッチが顔をしかめたのはもっと根本的な部分ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る