J視察のハリル監督不満 「もう少しやる気、力強さを」の真意

公開日: 更新日:

「もう少し、やる気、力強さを見せてもらいたかった」

 サッカー日本代表監督に就任したハリルホジッチ(62)が14日、JリーグのFC東京―横浜M戦を視察してこう言った。

 選手で固有名詞が出たのは、再三、ファインセーブを見せたFC東京GKの権田(26)ひとり。「前半はまあまあだったけど、後半はリズムが出てきた。ゴールがなかったのは残念だ。守備面が見られたのは良かった」と感想を口にしたものの、同監督が不満だと看破した「やる気」や「力強さ」といえば、かねて日本代表に欠如しているといわれる技術や体力以前の問題だ。

 新監督が初めてJリーグの試合を視察した。本来なら気を吐いてしかるべきFC東京FW武藤(22)、DF森重(27)、横浜MのFW斎藤(24)ら代表クラスの選手たちが、指揮官が思わず名前を口にしたくなるような結果を残せなかった。選手のやる気や力強さに疑問を感じるのは当然として、ハリルホジッチが顔をしかめたのはもっと根本的な部分ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  9. 9

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  10. 10

    「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る