約4年ぶりに代表復帰 浦和FW興梠“1トップ”への可能性

公開日:  更新日:

 日本代表新監督ハリルホジッチ(62)のデビュー戦・チュニジア戦(大分総合競技場。27日午後7時半開始)に向けて23日から直前合宿がスタートするが、20日に代表メンバー31人が発表された際、注目を集めた選手がいる。11年6月のペルー戦以来、約4年ぶりの代表復帰となった浦和FW興梠慎三(28)だ。

 今季J1開幕・湘南戦(7日)で先制点を決めた興梠は14日の2節・山形戦、22日の3節・広島戦は無得点に終わったものの、代表招集について「非常に楽しみ。4年前とは違った新しい気持ちでプレーしたい」とやる気満々だ。

「前所属の鹿島、現所属の浦和ともに最前線でプレー。身長175センチ、体重72キロとフィジカル的には恵まれていないが、相手ゴール前エリアでのポストプレーは、日本代表1トップのFW岡崎慎司(28)よりうまいし、ポジショニングの良さからヘディングも強い。ポストプレーに専念するタイプではなく、常にDFの背後を狙いながら抜け目のない動きで決定機をつくり出し、ズバッとシュートを打ち込んでいく。このところの充実ぶりは日本代表に十分にふさわしい」(サッカージャーナリスト・六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る