すべてが異例…ハリル監督はまるで日本サッカーの“破壊者”

公開日: 更新日:

 日本代表新監督ハリルホジッチ(62)による「初の日本代表メンバー発表」が19日に行われた。

 13日に来日してまだ日が浅く、人選は「日本サッカー協会技術委員会の主導で行われる」(サッカー記者)ともっぱらだったが、メンバー発表で想定外の新機軸を打ち出した。そもそも発表のスタイルも斬新だった。

 通常は、代表メンバーの記されたペーパーが配布され、監督はヒナ壇に座って質疑応答などに応じる。ところがハリルホジッチの場合は、代表メンバーの顔写真が映し出されたモニターの前に立ち、マイクを片手に名前を1人ずつ読み上げた。

「会見場の後ろの方にサッカー協会の幹部や職員が見学に来ていたが、誰もが“まさかモニターを使ったパフォーマンスで発表するとは……”と驚いていた」(前出の記者)

 代表メンバー数にもビックリだ。今回メンバーは27日のチュニジア戦(大分)、31日のウズベキスタン戦(東京)に出場するが、本来は試合登録の23人に2、3人を追加した25人程度の選手が招集される。しかし、ハリルホジッチは代表選手として31人を呼び、それ以外に12人のバックアップ要員も選出した。総勢43人は異例中の異例である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る