香川がトップ下希望明言 ハリル“再生工場”で自信回復なるか

公開日:  更新日:

 ハリルホジッチ新監督(62)には「絶対に再生させたい」と思っている選手がいる。来日早々の記者会見で「自信を失っている選手がいる。2、3年前、もっといい選手だと思っていた」とコメント。名指しこそ避けたが、ドイツ1部ドルトムントのMF香川真司(26)のことである。

 10-11年、11-12年のブンデスリーガを2連覇したドルトムント。香川は2シーズンで計21ゴールを決め、12年6月にイングランドの名門マンチェスター・ユナイテッドに引き抜かれた。実質2シーズンで38試合6得点と不本意な成績に終わり、14年8月に古巣に戻ったが、往時の輝きは消え失せていた。

「ドルトムントでのトップ下ではなく、マンUではサイドアタッカーやボランチとして起用されたが、弱いフィジカル、少ない運動量、下手くそ守備で評価を下げ、試合勘低下もあってパフォーマンスがガタ落ちした。もともと香川はミスなどを引きずってクヨクヨ悩むタイプ。落ち込んで自信を失って萎縮し、結果を出せないので悩みは深まるばかり……を繰り返してきた。ハリルホジッチは、27日のチュニジア戦、31日のウズベキスタン戦で香川をトップ下でプレーさせ、自信を回復させようとしている」(サッカー記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る