香川がトップ下希望明言 ハリル“再生工場”で自信回復なるか

公開日: 更新日:

 ハリルホジッチ新監督(62)には「絶対に再生させたい」と思っている選手がいる。来日早々の記者会見で「自信を失っている選手がいる。2、3年前、もっといい選手だと思っていた」とコメント。名指しこそ避けたが、ドイツ1部ドルトムントのMF香川真司(26)のことである。

 10-11年、11-12年のブンデスリーガを2連覇したドルトムント。香川は2シーズンで計21ゴールを決め、12年6月にイングランドの名門マンチェスター・ユナイテッドに引き抜かれた。実質2シーズンで38試合6得点と不本意な成績に終わり、14年8月に古巣に戻ったが、往時の輝きは消え失せていた。

「ドルトムントでのトップ下ではなく、マンUではサイドアタッカーやボランチとして起用されたが、弱いフィジカル、少ない運動量、下手くそ守備で評価を下げ、試合勘低下もあってパフォーマンスがガタ落ちした。もともと香川はミスなどを引きずってクヨクヨ悩むタイプ。落ち込んで自信を失って萎縮し、結果を出せないので悩みは深まるばかり……を繰り返してきた。ハリルホジッチは、27日のチュニジア戦、31日のウズベキスタン戦で香川をトップ下でプレーさせ、自信を回復させようとしている」(サッカー記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  6. 6

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  7. 7

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

  8. 8

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  9. 9

    コロナ拡大は安倍政権の人災 国立感染研大リストラの大罪

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る