主軸脱落危機の本田 ハリル監督にも使ったアピールの“手口”

公開日: 更新日:

 日本代表MF本田圭佑(28)が、大分合宿の初日(23日)にハリルホジッチ監督(62)に近づき、立ち話をしている姿を見たサッカー記者は「さすがは“ジジ殺し”の本田。さっそくアプローチしている」とつぶやいた。

 27日のキリンチャレンジカップ・チュニジア戦(大分、午後7時半キックオフ)を控えた日本代表。24日、当地で合宿2日目の練習を行った。

 本田の動向に注目が集まった。というのも、新監督は「スピード」「運動量」「ハードワーク」を重視するタイプ。スピード、運動量に難のある本田は、相当にアピールしないと日本代表の主軸から外される可能性もある。何とか指揮官の心証を良くしたい。そこで得意の“ジジ殺し”だというのだ。

「新監督は、特にスピードのない選手への評価が低く、同程度の力量だと若い選手を選ぶタイプです。次の18年ロシアW杯を32歳で迎えることになる本田が、相当に焦っているのは間違いない。たとえばザッケローニ監督時代、本田は『相談がある』と言ってザックと面談。そこで『もっとレベルアップしたい。どうすればいいのか、アドバイスを送って欲しい』と訴えた。ザックは『シュートの意識を持ち続け、相手に怖がられる選手になれ』と答え、本田は『その通りにやる。見ていて欲しい』と返した。ザックが後日、ホンダの向上心は素晴らしい。頼りにされてうれしかった――と話していたが、本田というのは年長者の懐にスッと入り、コイツを何とかしてやりたいと思わせるのがうまい。ハリルホジッチにも、同じ手口で信頼を勝ち取るでしょうね」(前出記者)

 合宿2日目は、冒頭の15分がメディア陣に公開され、その後は非公開となった。公開の間、本田とハリルホジッチの絡みはなかったが、ホテルに戻れば「2人になれるチャンスはいくらでもあるし、新監督との距離が縮まるのは時間の問題です」とは前出記者の弁である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  4. 4

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る