主軸脱落危機の本田 ハリル監督にも使ったアピールの“手口”

公開日:  更新日:

 日本代表MF本田圭佑(28)が、大分合宿の初日(23日)にハリルホジッチ監督(62)に近づき、立ち話をしている姿を見たサッカー記者は「さすがは“ジジ殺し”の本田。さっそくアプローチしている」とつぶやいた。

 27日のキリンチャレンジカップ・チュニジア戦(大分、午後7時半キックオフ)を控えた日本代表。24日、当地で合宿2日目の練習を行った。

 本田の動向に注目が集まった。というのも、新監督は「スピード」「運動量」「ハードワーク」を重視するタイプ。スピード、運動量に難のある本田は、相当にアピールしないと日本代表の主軸から外される可能性もある。何とか指揮官の心証を良くしたい。そこで得意の“ジジ殺し”だというのだ。

「新監督は、特にスピードのない選手への評価が低く、同程度の力量だと若い選手を選ぶタイプです。次の18年ロシアW杯を32歳で迎えることになる本田が、相当に焦っているのは間違いない。たとえばザッケローニ監督時代、本田は『相談がある』と言ってザックと面談。そこで『もっとレベルアップしたい。どうすればいいのか、アドバイスを送って欲しい』と訴えた。ザックは『シュートの意識を持ち続け、相手に怖がられる選手になれ』と答え、本田は『その通りにやる。見ていて欲しい』と返した。ザックが後日、ホンダの向上心は素晴らしい。頼りにされてうれしかった――と話していたが、本田というのは年長者の懐にスッと入り、コイツを何とかしてやりたいと思わせるのがうまい。ハリルホジッチにも、同じ手口で信頼を勝ち取るでしょうね」(前出記者)

 合宿2日目は、冒頭の15分がメディア陣に公開され、その後は非公開となった。公開の間、本田とハリルホジッチの絡みはなかったが、ホテルに戻れば「2人になれるチャンスはいくらでもあるし、新監督との距離が縮まるのは時間の問題です」とは前出記者の弁である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る