• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神熱烈ラブコールも…成瀬獲りの“障害”はリーダー西岡

 来るのか、来ないのか。阪神がロッテの成瀬善久(29)の去就に気を揉んでいるという。

 今オフ、獲得を狙っていた金子、平野佳(共にオリックス)に加え、山井(中日)にも逃げられたこともあって、5月に国内FA権を取得したロッテのエースに方向転換。能見、岩田に続く「3人目の先発左腕」を獲得すべく、水面下で熱烈ラブコールを送っているらしい。

 阪神の内情を知る関係者によれば、成瀬が仮にFA権を行使した場合、球団は2~3年の複数年契約に加え、年平均で2億~2億5000万円を用意。成績に応じた出来高オプションも付けるという。ロッテとの2度の残留交渉で、今季年俸(1億4400万円)からの減俸と単年契約を言い渡された成瀬。阪神は傷心左腕の心情を察知しているのかどうか、成瀬獲得に自信を持っているともいわれる。

 ところが、阪神入りにはまだ「障害」があるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事