阪神熱烈ラブコールも…成瀬獲りの“障害”はリーダー西岡

公開日: 更新日:

 来るのか、来ないのか。阪神ロッテ成瀬善久(29)の去就に気を揉んでいるという。

 今オフ、獲得を狙っていた金子、平野佳(共にオリックス)に加え、山井(中日)にも逃げられたこともあって、5月に国内FA権を取得したロッテのエースに方向転換。能見、岩田に続く「3人目の先発左腕」を獲得すべく、水面下で熱烈ラブコールを送っているらしい。

 阪神の内情を知る関係者によれば、成瀬が仮にFA権を行使した場合、球団は2~3年の複数年契約に加え、年平均で2億~2億5000万円を用意。成績に応じた出来高オプションも付けるという。ロッテとの2度の残留交渉で、今季年俸(1億4400万円)からの減俸と単年契約を言い渡された成瀬。阪神は傷心左腕の心情を察知しているのかどうか、成瀬獲得に自信を持っているともいわれる。

 ところが、阪神入りにはまだ「障害」があるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  6. 6

    国内で初「健康な20代男性」無念のコロナ死…入院できず

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  9. 9

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る