松山が初イーグルでマスターズ決勝進出も17番Hが“鬼門”に

公開日: 更新日:

 大会2日目は出入りの激しい内容となった。

 2番パー5はフェアウエーからの2打目が残り285ヤード。これを3番ウッドで、手前花道からグリーン左サイドに転がし上げると右サイドに切られたピンへ傾斜を利用して4メートルまで寄せた。そのラインを慎重に読んで沈めて、マスターズでの自身初イーグルを決めた。

 ところが距離の短い3番パー4でボギーをたたくと、7番では1メートル足らずのパーパットがカップをかすめて3パットボギー。せっかくのイーグルが帳消しになってしまった。

 折り返してからスコアを伸ばした。アーメンコーナーの12番パー3はPWで放ったティーショットがグリーンに届かずに、手前傾斜。そこからのアプローチを直接カップにねじ込んでバーディー。

 続く13番はティーショットが右林につかまり、2打目は刻み。残り70ヤードの3打目をピン手前につけて連続バーディー。そして15番パー5ではフェアウエーから2オンを狙い、グリーン奥カラー。パターでカップそばに寄せると、難なくバーディーを奪い、この時点で7位タイまで急上昇した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る