• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松山が初イーグルでマスターズ決勝進出も17番Hが“鬼門”に

 大会2日目は出入りの激しい内容となった。

 2番パー5はフェアウエーからの2打目が残り285ヤード。これを3番ウッドで、手前花道からグリーン左サイドに転がし上げると右サイドに切られたピンへ傾斜を利用して4メートルまで寄せた。そのラインを慎重に読んで沈めて、マスターズでの自身初イーグルを決めた。

 ところが距離の短い3番パー4でボギーをたたくと、7番では1メートル足らずのパーパットがカップをかすめて3パットボギー。せっかくのイーグルが帳消しになってしまった。

 折り返してからスコアを伸ばした。アーメンコーナーの12番パー3はPWで放ったティーショットがグリーンに届かずに、手前傾斜。そこからのアプローチを直接カップにねじ込んでバーディー。

 続く13番はティーショットが右林につかまり、2打目は刻み。残り70ヤードの3打目をピン手前につけて連続バーディー。そして15番パー5ではフェアウエーから2オンを狙い、グリーン奥カラー。パターでカップそばに寄せると、難なくバーディーを奪い、この時点で7位タイまで急上昇した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る