空前のフィーバーを巻き起こした定岡正二氏が直面した光と影

公開日: 更新日:

 1974年夏の甲子園。鹿児島実(鹿実)のエースだった定岡正二氏は、準々決勝で1年生の原辰徳(現巨人監督)を擁する東海大相模との延長十五回の死闘を完投勝利。その実力と甘いマスクで一躍「甲子園のアイドル」になった。長嶋茂雄監督率いる巨人に同年のドラフト1位で入団。江川卓、西本聖と先発3本柱を形成し、81年に11勝、82年には15勝を挙げた。85年、近鉄へのトレードを拒否して引退。大フィーバーだった入団時の苦悩、29歳の若さで引退を決断した真相を58歳になった定岡氏が語る。

 甲子園から帰ると、移動するたび女子学生が電車やバスへ一緒に乗ってくる。ファンレターは1日何百通。フィーバーの最中、74年のドラフトで巨人に1位指名された。

「子供の頃、巨人はV9時代。テレビをつけるといつも勝っていて、つまらないなあと。反骨精神というか、強いものに立ち向かっていくのが好きでした。鹿実も県内ではナンバー3くらい。甲子園の準々決勝で対戦した優勝候補の東海大相模なんて雲の上の存在。そういう存在に負けたくないという気持ちで、いつも戦っていた。強い巨人に立ち向かっていた村山実さんに憧れていたこともあって、ドラフトでは漠然と阪神ならいいなあと思っていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  7. 7

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  10. 10

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

もっと見る