元木大介氏激白 「なぜボクはダイエーの1位指名を拒否しハワイへ野球留学したのか」

公開日: 更新日:

 89年11月26日、都内で開かれたドラフト会議で「事件」が起きた。この年の目玉は新日鉄堺の野茂英雄(近鉄、ドジャースなど)。史上最多8球団の1位指名で話題をさらう中、ひとりの高校生が騒動の主役になった。大阪・上宮高の「超高校級スラッガー」と評価され、3度出場した甲子園で絶大なアイドル人気を獲得した元木大介氏(43)である。夏の甲子園後に巨人を“逆指名”、担当スカウトから1位指名を約束されたが、しかし、ドラフト会場で名前を呼ばれたのは、慶大の大森剛(現巨人育成部ディレクター)だった。元木氏が今、重い口を開く。

 ドキドキしながらあの日の朝を迎えたボクは、学校の会議室でドラフト中継を見ていました。いよいよ憧れのジャイアンツの選手になれるんだ。そんな興奮を必死に抑えながら、テレビの画面を見詰めていました。

 その約2カ月前、ボクは親父と野球部の山上監督と一緒に記者会見し、巨人入りの希望を公表しました。当時はまだ逆指名制度はなかったものの「巨人以外の球団に指名されたらプロへは行きません」と。こういうことを言うと、決まって巨人との密約があったんじゃないか? と勘繰られますが、誓ってそれはありませんでした。だって、密約があったら、あんな結果になるはずがないじゃないですか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  5. 5

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  6. 6

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    白鵬45回目Vで現役続行示唆も品格ゼロ! 相撲協会激怒で親方株「継承不認可」が急浮上

  9. 9

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  10. 10

    宮崎美子はビキニ→マクドナルドCMが話題に 枯れないアラ還女優たちの「攻めこそ勝機」

もっと見る