元木大介氏激白 「なぜボクはダイエーの1位指名を拒否しハワイへ野球留学したのか」

公開日: 更新日:

 89年11月26日、都内で開かれたドラフト会議で「事件」が起きた。この年の目玉は新日鉄堺の野茂英雄(近鉄、ドジャースなど)。史上最多8球団の1位指名で話題をさらう中、ひとりの高校生が騒動の主役になった。大阪・上宮高の「超高校級スラッガー」と評価され、3度出場した甲子園で絶大なアイドル人気を獲得した元木大介氏(43)である。夏の甲子園後に巨人を“逆指名”、担当スカウトから1位指名を約束されたが、しかし、ドラフト会場で名前を呼ばれたのは、慶大の大森剛(現巨人育成部ディレクター)だった。元木氏が今、重い口を開く。

 ドキドキしながらあの日の朝を迎えたボクは、学校の会議室でドラフト中継を見ていました。いよいよ憧れのジャイアンツの選手になれるんだ。そんな興奮を必死に抑えながら、テレビの画面を見詰めていました。

 その約2カ月前、ボクは親父と野球部の山上監督と一緒に記者会見し、巨人入りの希望を公表しました。当時はまだ逆指名制度はなかったものの「巨人以外の球団に指名されたらプロへは行きません」と。こういうことを言うと、決まって巨人との密約があったんじゃないか? と勘繰られますが、誓ってそれはありませんでした。だって、密約があったら、あんな結果になるはずがないじゃないですか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る