89年日本シリーズの舞台裏を当時の投手コーチ中村稔氏が振り返る

公開日:  更新日:

 1950年から始まった日本シリーズで、3連敗から4連勝して日本一に輝いたのは58年西鉄(現西武)、86年西武、89年巨人の3球団だけだ。当時、巨人の投手コーチだった中村稔氏が大逆転劇の舞台裏を振り返る。

「ちょっと部屋に来てくれ。務台さんが見えている」

 中村コーチに藤田(元司)監督から電話があったのは89年10月24日の夜10時すぎだった。東京ドームでの日本シリーズでは、巨人ナインは近隣のホテルグランドパレス(九段下)に宿泊していた。

 巨人はここまで近鉄(04年にオリックスと合併)に3連敗。スタッフミーティングを終え、中村コーチは部屋に戻り、ひと息ついていた時だった。電話の声でただならない事態が起こったことは何となくわかる。すぐに部屋を訪ねると、藤田監督と読売新聞社の務台光雄名誉会長がソファに座っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る